前へ
次へ

英語学習は文法が基本となる

最近、英会話への偏重傾向が強いため、文法なんて学習するだけ無駄と考える人が増えています。
しかしながら、話す英語のレベルが高くなるに連れて、文法の比重は高くなってくるため、英語学習に置いて文法の学習は基本中の基本です。
文法よりも話すことが大切だというのは、頭が柔らかい未就学児童までであると言えます。
その理由は、音を聞いて言語を理解するため、文法の基礎を学ばなくても感覚で学ぶことができ、言語を習得することができます。
バイリンガルに育てたいのであれば、未就学児のうちに2つの言語を自然に操るだけの環境に身をおくことが何よりも重要であるということがうなずける事例です。
他方、小学生以上になると英語学習では文法の学習が必要になります。
自然と身につけられていた言語は、小学校入学とともに限界が訪れて、文法をイチから学んでいくことが必要になります。
これはさらに年令を重ねると、文法の重要性が増してくるのであります。

Page Top